弊社ではUTPケーブルのCat5eやCat6a配線はもちろん、光ケーブルの配線/融着工事も行っております。
パッチパネル成端や測定試験までトータルで施工いたします。
無線LAN(Wifi)アクセスポイントの工事/機器設置や電波エリア測定等も行っております。
ネットワーク構築においてL2SWやrouter機器コンフィグ設定/保守を含め
設備更新や増設工事がございましたらぜひ御相談ください。

マイナンバー制度開始に伴い、社内ネットワークに不安がある企業様も
情報漏えい対策に有効なご提案も有りますので、お気軽にご相談ください。


UTP/STP配線やパッチパネル施工、ルータコンフィグ設定等配線工事から機器の設定まで行っております。
無線LANアクセスポイントの設置やコントローラ調整等も行っております。
レイヤー2スイッチやレイヤー3スイッチ、ルータのキッティング、
19インチラックの耐震/免震工事、光ファイバーの配線/融着、PD/PT盤の設置等、配線工事だけでなく、
システム全体の設計施工が可能です。

お客様の利用環境に合わせた、回線キャリア選択から工事手配にいたるまですべてをサポートいたします。
また、昨今のインターネットの普及に伴い、セキュリティの強化が必須の状況となっています。
ファイヤーウォールの導入やセキュリティルータなど外部からからの脅威にも対策が必須ということを忘れてはいけません。


NTT東日本のフレッツ・グループアクセス/フレッツ・アクセスポート/フレッツ・オフィスなどの
キャリアVPNサービスの利用をはじめ、キャリアVPNサービスを利用しない場合でも、
お客様環境に合わせたサービス選択、VPNルータの選定をいたします。
拠点間IP内線電話、ネットワークカメラモニタリング、グループウェア等、VPNを利用するサービ多種多様です。
外出先などからインターネットを使って安全に社内へアクセスしたり、
特定のビジネスパートナーに対して安全に情報提供したりするニーズが高まっています。
以前は、このようなニーズに対して専用線か、Webベースでの暗号化接続を提供する
SSL(Secure Sockets Layer)やメールの暗号化という方法が主流でした。
しかし、サービスが多様化するにつれて、
利用するアプリケーションを意識することなく暗号化したいというニーズが高まってきています。
そうした環境に対して、「Virtual Private Network」(VPN)は最も有効なソリューションといえます。
VPNで本社サーバーに直接アクセスやファイルの保存等ができますので
メールでの容量規制や到着の遅延は解消されます。

設定可能な取扱いメーカー

  • ciscoSystems
  • YAMAHA
  • Juniper
  • D-link Japan
  • FXC
  • buffalo